【背中ニキビを保湿ケア】セラミドやビタミンC誘導で治す方法

<保湿をして背中ニキビの改善・予防>

406342.jpg
顔のお手入れはしていても、背中のお手入れは忘れがちです。
背中は乾燥しやすい部位で、乾燥することで角質が肥厚して毛穴がふさがれ、毛穴に皮脂がたまってニキビが悪化します。
背中の保湿をすれば厚くなっていた角質が次第に薄くなり、背中ニキビが治ってきます!
保湿成分でおすすめは「セラミド」です☆
セラミドには高い浸透力と保湿力があり、刺激が少ないので肌が弱っているニキビ肌にもおすすめです。
バリア機能の回復を促す働きがあり、乾燥に負けない肌へと導きます☆
ビタミンC誘導体もおすすめの成分です。ビタミンC誘導体には皮脂分泌をコントロールしてニキビを予防したり、炎症を鎮めてニキビ跡を予防する働きがあります。
肌の調子がよい生理後から使うとよいです。
化粧品で保湿するだけでなく、乾燥しないようにケア方法に気をつける必要もあります。
肌をゴシゴシこすって洗うと、バリア機能が低下して肌内部の水分が逃げやすくなり乾燥します。
清潔に保つことは大切ですが、過剰に洗うこをは避けましょう。
ナイロンタオルは肌への刺激が強いので、綿など天然素材で洗うことがおすすめです(^'^)